【注文住宅での失敗例】部屋の広さに関する失敗で多いのは?

----- Sponsored Links -----
こんな人におススメの記事です!

■ 注文住宅での部屋の広さの失敗例を知りたい人
■ 住宅会社との間取りの打合せで失敗したくない人
■ 家づくりで失敗や後悔をしたくない人

部屋の広さでよくある失敗は?

注文住宅での部屋の広さで多い失敗とは?
しみゆう
こんにちは!建築士のしみゆうです。

注文住宅での失敗に、部屋の広さに関するものがあります。

後で後悔しないですむように、よくある失敗例を挙げるので参考にして下さいね。

  • リビングを広くしすぎて、冷暖房効率が悪く光熱費が高くつく
  • 和室を狭くしすぎて、ゲストルームに使えない
  • 寝室を6帖にしたので、ダブルベッドを置くとテレビやタンスを置くスペースがない
  • 脱衣室が狭いので、子どもと一緒に使えない
  • 玄関を狭くしたら、圧迫感があり、収納が足りない
  • トイレを910×1820にしたら、奥行きが深すぎて無駄に広い
  • キッチンを狭くしたら、シンクと食器棚の距離が短いので、すれ違えない
  • 子ども部屋を長方形にしたら、ベッドを置くと空きスペースが使いづらい
  • プライバシーを気にして廊下を多めにとったら、部屋が狭くなってしまった
  • ロフトをつくったが、上がるのが面倒で使わない
  • 前の住居で使っていた家具の寸法を勘違いしていて、新居に入らなかった
  • 部屋を広くするために収納を削ったら、荷物が出しっぱなしで片付かない
  • 4.5帖の部屋をつくったら、狭くて使いづらいので物置になってしまった
しみゆう
まだまだたくさんの失敗例がありますが、主なものを挙げてみました。

意外かも知れませんが、必ずしも部屋が狭いといった失敗だけでなく、広すぎて使いづらかったり、部屋の形状による失敗も少なくありません。

----- Sponsored Links -----

部屋の広さで失敗しないためのコツ

注文住宅での部屋の広さで失敗しないコツとは?
しみゆう
では、部屋の広さで失敗しないために、間取りのコツをご紹介しましょう。
  • 将来の家族構成やライフスタイルの変化を想定して間取りを考える
  • キッチンや洗面室・脱衣室は同時に使用する人数を考えて広さを決める
  • 家族構成や人数・ライフスタイルに合わせて、リビングの広さや形状を考える
  • 部屋の広さを決める前に、家具や家電の配置を考えておく
  • 扉の開く方向や開けっ放しにした状態の使い勝手を想像しておく
  • 家事動線の長さや通り道による不具合を考えてみる
  • 通路になる場所は、人と人がすれ違うことのできる幅かどうかに注意する
しみゆう
適度な広さはライフスタイルや使い方によって違うので、少し抽象的ですが、

将来的なことも考えて柔軟に対応できるように心掛けると、満足度が高い間取りがつくれるので、参考にして下さいね。

家づくりの経験者に相談してみるーまとめ

注文住宅で部屋の広さに失敗しないためには家族での話し合いが大切

初めての家づくりでは知らないことが多いので、不安を感じることも多いのではないでしょうか。

そんな不安を解消するコツは、自分一人だけで考えこまないことだと思います。

意外と違う目線で物事を考えると良い案が出ることもありますし、他の人に相談するのも良い方法です。

 

例えば、現在の住居での各部屋の使い勝手で「満足なところ」や「不満なところ」を家族全員で出し合うと、自分達家族にとっての適切な広さが導きだせることも多いので試してみてはいかがでしょうか。

他にも、注文住宅でマイホームを建てた知人に相談したり、住宅会社での打合せを始めているなら設計士に相談するのも良い方法ですし、

利害関係のない専門家をご存知なら、率直な意見が聞けますし、参考にできることも多いのでおススメです。

しみゆう
具体的な家づくりに関するご質問やご相談があれば、「お問い合わせフォーム」や「コメント欄」から問い合わせていただければ、

建築士の目から見たご返答をさせていただきます。

今回の問題解決と総まとめ

■ 部屋は広すぎても狭すぎても使いづらいので、適度な広さを心掛ける
■ 柔軟に対応できる間取りなら、将来的なライフスタイルの変化にも対応できる
■ 家づくりの経験者に相談したり、家族で話し合うと失敗しにくい

「家づくりマニュアル①」へは、下記のリンクから移動できます。

【家づくりマニュアル①】賃貸派?購入派?失敗や後悔しないために

2017.01.16

「家づくりの流れ」については、下記のリンクから移動できます。

【完全保存版】初心者必見!家づくりの流れと必要期間の総まとめ

2017.01.08

他の「注文住宅での失敗例」関連の記事については、下記のリンクから移動できます。

【注文住宅での失敗例】生活動線に関する失敗で多いのは?

2017.03.27

【注文住宅での失敗例】配線計画で失敗!あぁコンセントがない・・

2017.03.29

【注文住宅での失敗例】事前に気付きにくいニオイに関する失敗とは?

2017.04.01

【注文住宅での失敗例】室内の明るさの失敗はフォローが難しい!

2017.04.03

【注文住宅での失敗例】収納計画に失敗しないコツと注意点

2017.04.07

【注文住宅での失敗例】視線にも注意しないと間取り計画がだいなし

2017.04.09

【注文住宅での失敗例】家づくりでは外部計画も忘れずに!

2017.04.10

【注文住宅での失敗例】夏暑く冬寒い家にしないための温度対策とは?

2017.04.14

【注文住宅での失敗例】意外と深刻!音に関する失敗と対処法

2017.04.19
----- Sponsored Links -----

家づくりのご質問やご相談を募集しています!

初めての家づくりでは、「失敗」や「後悔」がつきものと言われています。

しかし、個人の専門的な知識の習得は非常に困難で、その道のプロに相談しようにも、利害関係のない専門家に意見を聞く機会なんて、実際ほとんどないのが現状です。

 

『一生に一度の家づくりで、絶対失敗したくない!』

 

そんな方の力になれればと、このブログを始めました。

長年、注文住宅の設計・監理に携わってきた建築士しみゆうが、これまでに得た知識や経験を総動員して、

家づくりに関する疑問や相談に応え、秘訣や注意点をアドバイスいたします。

 

  • これから家づくりを始めたい方
  • すでに家づくりを始めている方
  • 現在の家づくりに不満や不安を感じている方

たとえ些細なことでも差し支えありませんので、悩みの大小にかかわらず、ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
※現在は無料です

※返信までに数日を要することもありますが、必ず返答させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です