家づくりを成功させる自信はありますか?

一生に一度かもしれない家づくりで失敗を防ぐには「道しるべ」が欠かせません
その道しるべとなるのが「家づくりノート」です
 

あなたの家族だけの「家づくりノート」があれば・・
 
自分達の家づくりに足りない物が見つかる
家づくりの漫然とした不安から解放される
自分達に合った住宅会社を見極められる
何から手を付けるべきか一目でわかる
CATバナー


注文住宅は決断の連続です!
初めての家づくりが失敗しやすいのは、決断に欠かせない知識や基準が不足しやすいからに他なりません
様々な住宅会社のカタログから情報を収集し、「自分達だけの家づくりノート」を作成しましょう
 
それこそが、理想のマイホームを手に入れる近道です!


注文住宅の資料請求活用法はコチラ!

こんな人におススメの記事です!
■ 注文住宅での視線に関する失敗例を知りたい人
■ せっかくの間取り計画を台無しにしたくない人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人

注文住宅での視線に関する失敗例とは

注文住宅での視線に関する計画で失敗してしまった

しみゆう

こんにちは!建築士のしみゆうです。

 

前回は、収納計画に関する失敗例について解説しました。

 

今回は、間取り計画で見落としがちな、視線に関する「失敗例」と「秘訣」についてご紹介しますね。

 

  • リビングの扉が開いていると、玄関からリビングの中が丸見えなので恥ずかしい
  • オープンキッチンに憧れていたが、常に片付けておかないとみっともないので面倒
  • 洗面脱衣室にリビングからしか行けないので、来客中にお風呂が使えない
  • リビングに大きな掃出し窓を設置したが、お隣の庭から丸見えなのでカーテンが開けられない
  • 道路面にバルコニーを計画してしまったので、通行人の視線が気になって洗濯物が干せない
  • 隣家との距離が近く、2階の寝室の窓が隣家の子ども部屋の窓の正面にあるので、部屋の中が丸見え
  • 子どもが大きくなったら、ガラス張りのお風呂を嫌がるようになった
  • 2階の子ども部屋に行くためにリビングを通らないと行けないので、子どもの友達が遊びに来たらリビングでくつろげない
  • 玄関と道路の間に目隠しがないので、夏場に玄関を開けっ放しにできない
  • 玄関の横にトイレがあるので、来客中はトイレが使いづらい

しみゆう

視線に関する失敗をしてしまうと、せっかくの開放的な空間が台無しになってしまうかもしれません。

 

意外と気が回らなくて見落としがちですが、忘れずに確認しておきましょう。

視線に関する失敗を防ぐための秘訣

注文住宅での視線に関する失敗をしないように設計図面で隣家の状態について検討した

しみゆう

では、視線に関する失敗を防ぐために役立つ、住宅会社との打合せで気を付けたい注意点と秘訣についてご紹介しましょう。

  • 建物の1階・2階平面図に隣家の窓の位置を書き込み、外部からの視線に注意する
  • 建物の扉や窓を開けた状態で想定して、視線の通りを確認する
  • 隣家だけでなく、前面道路などからの視線にも注意する
  • 実際に敷地からどんなものが見えるか写真を撮って確認してみる
  • 視線が気になる窓からも陽の光が取り入れられるように、すりガラスの採用を検討する
  • 視線が通りにくくなるように、窓の設置する高さを工夫する
  • 闇雲に窓を大きくしない
  • 必要以上に窓を増やさない
  • 子どもの成長など、将来的な感覚の変化にも配慮する
  • 外部からの視線を防ぐために、樹木や目隠しなどの外構計画を活用する

しみゆう

外部の視線に気付くのが住み始めてからでは、カーテンなどの目隠しが主な対処法になるので、部屋の解放感が失われてしまいがちです。

 

ですが、図面だけのリハーサルでは見落としやすいので、実際の敷地に足を運んで間取りを計画しましょう。

----- Sponsor Link -----

高窓の採用や借景の取り入れで満足度UPーまとめ

注文住宅での視線に関する計画で視線を遮り明かりを取り込むために高窓を採用した

せっかく、室内の明るさを意識した間取りを計画していても、外からの視線が気になってカーテンを閉めっぱなしでは意味がありません。

 

外からの視線の対策としては、

外部サッシのガラスを「透明ガラス」から「すりガラス」に変更したり、視線は通りにくいが明かりは取り入れやすい、写真のような「高窓」の採用が効果的です。

更に、高窓をはめ殺しのFIX窓ではなく、開け閉めの可能な横滑り窓などを採用すれば、「換気」や「通通し」にも期待できるので、

快適な空間を演出しやすく、家づくりに於ける満足度の高さに貢献してくれます。

 

ですが、視線を防ぐだけが全てではありません。

敷地の条件によっては、四季の感じられる樹木を眺められたり、視線が通るからこそ得られる解放感もあるので、

近隣にある眺めのよい風景を積極的に取り入れ、「借景」として活用させてもらいましょう。

 

借景は手入れをする必要もありませんし、特別な費用も必要無いので、取り入れない手はありません。

そのためにも、見られることばかりに気を取られるのではなく、室内から見える景色も意識してみて下さい。

しみゆう

具体的な家づくりに関するご質問やご相談があれば、「お問い合わせフォーム」や「コメント欄」から問い合わせていただければ、

 

建築士の目から見たご返答をさせていただきます。

今回の問題解決と総まとめ
■ 視線に関する失敗は、住み始めてから気付くことが多い
■ 視線に関する計画で失敗すると、解放感を失いやすい
■ 室内の間取りだけでなく、近隣からの視線にも注意することが大切
■ 高窓や借景を取り入れると、視線に関する満足度がUPしやすい

「家づくりマニュアル①」へは、下記のリンクから移動できます。

「家づくりの流れ」については、下記のリンクから移動できます。

他の「注文住宅での失敗例」関連の記事については、下記のリンクから移動できます。

お役立ち情報をお届けできるよう、アンケートを実施しています。
ご協力いただけると嬉しいです<(_ _)>
----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

家づくりのご質問やご相談を募集しています!

初めての家づくりでは「失敗」や「後悔」がつきものと言われています。

 

しかし、個人の専門的な知識の習得は非常に困難で、その道のプロに相談しようにも、利害関係のない専門家に意見を聞く機会なんて、実際ほとんどないのが現状です。

 

『一生に一度の家づくりで、絶対失敗したくない!』

 

そんな方の力になれればと、このブログを始めました。

 

長年、注文住宅の設計・監理に携わってきた建築士しみゆうが、これまでに得た知識や経験を総動員して、家づくりに関する疑問や相談に応え、秘訣や注意点をアドバイスいたします。

 

・これから家づくりを始めたい方
・すでに家づくりを始めている方
・現在の家づくりに不満や不安を感じている方

 

たとえ些細なことでも差し支えありません!
悩みの大小にかかわらず、お気軽にお問い合わせください。

※もちろん無料です

 

 

※日数を要することもありますが、必ず返答させていただいています。

おすすめ記事