こんな人におススメの記事です!
■ 家づくりの土地探しをしている人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人
■ 家づくりに初めて挑戦する人

土地探しのパートナーに不動産会社と住宅会社のどちらを選びますか?

土地探しのパートナーに不動産会社と住宅会社のどちらを選ぶか考えている

こんばんは!しみゆうです。

家づくりを始める土地は決まりましたか?

もう土地が決まっているなら、次は家づくりの重要なパートナーとなる住宅会社(ハウスメーカーや工務店など)を探しましょう。

しかし、土地がまだ決まっていないのなら、土地探しのパートナーを見つけないといけませんね。

 

土地と言えば不動産会社を思い浮かべるかもしれませんが、土地探しのパートナーは不動産会社だけではありません。

最近は、住宅会社(ハウスメーカーや工務店)の中にも土地探しを手伝ってくれる会社も増えて来ました。

「そんなのどっちだって良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ところがどっこい大違いなんです。

 

どちらが良い悪いという話では無く、あなたが家づくりで重視するポイントに合わせて選ばないと、後で後悔することになるかもしれません。

何故かというと、同じ土地探しでも不動産会社と住宅会社では得意分野が全く違うからです。

今回は、土地探しのパートナーとして不動産会社と住宅会社のどちらを選ぶべきか、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

土地探しのパートナーに不動産会社を選ぶメリットとデメリット

土地探しのパートナーに不動産会社を選ぶ際のメリットとデメリットを知りたい人

不動産会社を選ぶメリット

  • 土地の情報量が多いので、より早く土地が見つかる可能性が高い
  • 一般公開されていない土地の情報を持っている可能性が高い
  • 土地の売買が利益に直結するので、土地探しに力を入れてもらえる
  • 不動産会社が売主の場合は仲介手数料がかからない
  • 値引き交渉が成功する可能性が高い

不動産会社を選ぶデメリット

  • 建物の法律などに詳しくないので、建物のプランが後回しになってしまう
  • 土地の決済を先にする必要があるので、建築前から住宅ローンの支払いが始まることが多い
  • 建築条件付きの土地の場合は、家を建てる住宅会社が選べない
  • 土地を購入してから2年以内に建物が完成しないと税制的に不利になる
  • 不動産会社と住宅会社の橋渡しを自分がしないといけないので、時間と手間がかかる
  • 土地に費用をかけ過ぎると、建物に費用をかけられなくなる

----- Sponsor Link -----
 

土地探しのパートナーに住宅会社を選ぶメリットとデメリット

土地探しのパートナーに住宅会社を選ぶメリットとデメリットを知りたい人

住宅会社を選ぶメリット

  • 建物の法律などに詳しいので、建物のプランに合わせた土地を探すことが出来る
  • 土地が決定すれば建物完成までが早く、スムーズに進む
  • 住宅会社によっては、住宅ローンの支払いを建物の引き渡し後に出来ることがある
  • 力のある営業マンに当たると、手間と時間の節約出来る
  • 土地費用と建物費用の合計で考えることが出来るので、資金計画を行いやすい

住宅会社を選ぶデメリット

  • 土地を持っているお客様を優先するので、あまり力を入れてもらえない
  • 一般公開されている土地の情報しか手に入らないことが多い
  • 土地が見つかってから、他の住宅会社に乗り換えることが難しい
  • 土地が専門でないので、土地の情報にうとい
  • 土地が見つかるまでに時間がかかりやすい

不動産会社?住宅会社?どっちが正解?ーまとめ

不動産会社と住宅会社のどちらを土地探しのパートナーに選べば良いか考えているところ

一般的に注文住宅を建てる場合は、土地は不動産会社で探すと思われています。

しかし、不動産会社と住宅会社での土地探しのメリットとデメリットを比べてみると分かるのですが、どちらにするかは「家づくりの何を重視するか」によって使い分けるべきです。

 

例えば、

マイホームに「公共交通機関や周辺設備などの利便性」や「騒音や景観などの住環境」「地盤強度やハザードマップなどによる安全性」などを重視するなら不動産会社で土地を探すと有利ですし、

マイホームの「広さや間取りなどの建築プラン」や「デザインや高級感などの独自性」「日当たりや風通しなどの住環境」などを重視するなら住宅会社で土地を探すと有利になります。

 

他にも、費用で考える場合は「土地の値引きや仲介手数料なし」を重視するなら不動産会社ですし、「つなぎローンによる金利負担なし」「ローコスト住宅による建物のコストダウン」を重視するなら住宅会社を土地探しのパートナーに選ぶと良いでしょう。

後は、建物の「木造や鉄鋼・RC(鉄筋コンクリート)などの構造」「耐震性や断熱性・気密性などの建物性能」「自然素材や無添加素材などの仕様材料」などを重視するなら、その旨を不動産会社に伝えておくと良いでしょう。

 

あなたが家づくりで何を重視するかによって選ぶべきパートナーを変えることが重要となります。

そうしないと、「理想の場所に住めない」や「理想の建物が建てられない」「資金計画のオーバー」などの可能性が高まります。

もう一度、家づくりの何を重視するかを良く考え、土地探しのパートナーを不動産会社と住宅会社のどちらにするか考えましょう。

 

それと、一つ注意して欲しいことがあります。

不動産会社と住宅会社の両方を選ぶことも可能ですが、それぞれ得意分野が違うので、家づくりで重視するポイントがズレてしまうと、後で後悔することになるかもしれません。

何事もメリットとデメリットを理解したうえで自分に合った方法を選ぶことが、家づくりで失敗や後悔をしない秘訣です。

しみゆう

上の検索窓に調べたいキーワードを入力し、虫めがねボタンをクリックするとIEsaku内の関連記事を検索できます!

 

サイドバー最上部やフッターの検索窓も同じ機能です。

 

是非、あなたの家づくりにお役立てください^^

----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べる家づくり講座

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学ぶ家づくり講座登録フォーム
 

営利企業である、不動産会社や住宅会社の最優先事項は自社利益の確保。

 

残念ながら、「施主の希望を叶える」ことではありません・・

 

そのため、注文住宅では「予算オーバー」がつきもの。

 
 
 

待っているのは、グレードダウンや要望の取り止めによる「建築費用の削減」

 

もしくは、「予算の追加」です。

 
 
 

ですが、これが普通の家づくり・・

 

残念ながら、「不動産会社や住宅会社にとって都合の良い家づくり」をしている限り、避けられない現実なんです。

 
 
 

IEsakuでは、「予算を最大限に活かした注文住宅の建て方」を無料で公開しています。

 

理想の暮らしを叶えるため、「施主にとって都合の良い家づくり」を学んでみませんか?

 
 
 

>【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べるメール講座に参加する

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで

おすすめ記事