家を建てる目的を見失い家づくりに失敗した

※この記事では、家づくりに失敗してしまう理由や特徴の代表的な例をあげながら、理想のマイホームを手に入れるために、忘れてはいけないこと、注意すべきことについてまとめています。

 

 こんな方にオススメの内容です!
■ 家づくりに失敗する理由・特徴を知りたい
■ 何に注意して家づくりを進めればいいか迷っている
■ 家づくりを意識し始めたが「何から手を付けるべきか分からない・・」

家づくりに失敗する理由・特徴|こんな人はご用心

家づくりに失敗しないために家を建てる理由を考えてみる

 

しみゆう

こんにちは!建築士&FP技能士の清水裕一(しみゆう)です。

 

突然ですが・・『家を建てよう!』と決断した理由を覚えていますか?

 

  • 結婚・出産するから
  • 子供に資産を残したい
  • 一国一城の主になりたい
  • 親と同居を始めるため
  • 賃貸住宅に住むより金銭的に有利と感じる
  • 思い通りの間取りの家に住みたい
  • 家を建てる経験をしてみたい
  • 家族の帰る故郷が欲しい
  • 現在の金利・税制が有利だから
  • 自由にできる庭が欲しい
  • 住居に気をつかわず暮したい
  • 気がねなくDIYを楽しみたい
  • 家を持てば精神的に自由になると感じる

 

上記は、「家を建てるきっかけ」となった、代表的な理由です。

 

この中に該当する理由はありましたか?

それとも、『家を建てよう!』と決断したのは、もっと別の理由でしょうか?

 

突然こんな質問をしてすいません(汗

質問をして何ですが、実は家を建てる理由は何でもいいんです。

人それぞれ考え・価値観が違うので、家づくりを始める理由に正解なんてありません^^

 

なぜ、家を建てる理由を聞いたのかといえば、家づくりに失敗する人には特徴があるからです。

 

あなたに、それが当てはまるかどうかを聞きたいから。

それと、「家を建てるきっかけになった理由」を忘れて欲しくないんです。

 

というのは、

これまで私が見てきた、「家づくりに後悔・失敗を感じてしまった人」は、家を建てる理由があいまいだったり、家を建てる途中で理由がブレてしまった人が多いからです。

 

『何から手を付けるべきか分からない・・』のは、家を建てる目的が明確でないから

家づくりの目的の不一致で喧嘩になり夫婦仲が悪くなってしまった

あなたは、どんな時に「失敗」「後悔」を感じますか?

 

たとえば、学生の頃のテストを思い出してください。

定期テストの点数が自分の目標点に達したとき。

喜びはあれど、失敗も後悔もなかったですよね。

 

そうです。

人が失敗・後悔を感じる理由の一つは、当初の目的に到達できなかったから。

 

おそらく、家づくりで失敗や後悔をしてしまった人は、設定していた目的に達成できなかったのでしょう・・

もしかしたら、始めから目的がなかったのかもしれません。

 

意外と気付かないのですが、

家づくりの成功には「目的の明確化」が欠かせません。

 

もし明確でないなら。

いい機会なので、家づくりの目的を見つめ直してみましょう。

 

もしかしたら、『あまりにたくさんの目的があり、全ての目的を達成できるだろうか?』といった心配があるかもしれませんね。

確かに目的にもいろいろあるので、相反する目的があれば全てを達成するのは難しいかもしれません。

 

しかし、「あばたもえくぼ」ということわざもあるように、大きな目的が達成できれば、少しくらいの失敗や後悔は気にならないのではないでしょうか。

 

そのためには、これだけは絶対叶えたいという「明確な目的」が必要です。

そして、どうしても叶えたい目的が複数あるのなら、目的に優先順位を付けておきましょう。

 

家づくりの目的が明確になれば、「目的を達成するために、どんな知識や行動が必要なのか」が明確になります。

 

もちろん、『何から手を付けるべきか分からない・・』なんてこともありません。

そうすれば、しめたもの。

 

後は、目的達成に必要な情報を集めて行動するだけです。

そうすれば、家づくりに失敗・後悔する可能性が劇的に低くなります。

「家づくり」の大半が成功したと言っても過言ではありません。

 

----- Sponsor Link -----
 

『家を建てよう!』と決断した理由は?|まとめ

家を建てる理由を見失わないことが大切

ですが、「家を建てること」を最終目的にしないでください。

 

家は幸せになるために必要なパーツの一つでしかありません。

最初は、『どうすれば幸せになれるんだろう?』と考えているうちに、「家づくり」にたどり着いたのでしょう。

 

ですが、

家づくりで、あなたや家族の幸せを果たせないのであれば、家を建てる必要はないハズです。

 

もう一度しっかりと目的を見つめ直し、家を建てるかどうかを決断しましょう。

その上で、『やっぱり家を建てよう!』と決めたのなら、次のステップに進んでも大丈夫。

 

家づくりには、今のあなたが思っている以上に時間や労力がかかります。

明確な目的がなければ、あなたも「家づくりに後悔・失敗した人」の仲間になってしまうかも・・

 

今回の問題解決と総まとめ
■ 家づくりの目的があいまいだと失敗・後悔しやすい
■ 家づくりの目的が明確になれば、何をするべきか分かるようになる
■ 家づくりの成功には、目的・イメージを明確にしておくことが重要

 

マイホームを建てる目的・イメージは明確ですか?
もしできていないなら、まず始めに「家づくりノート」を作ってみましょう。理想の暮らしへの近道になること受け合いです。
具体的な「家づくりノートの作り方・書き方」については、この記事を読んでみてください^^
建築士が徹底解説!理想の注文住宅を叶える家づくりノートの作り方・書き方

しみゆう

上の検索窓に調べたいキーワードを入力し、虫めがねボタンをクリックするとIEsaku内の関連記事を検索できます!

 

サイドバー最上部やフッターの検索窓も同じ機能です。

 

是非、あなたの家づくりにお役立てください^^

----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べる家づくり講座

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学ぶ家づくり講座登録フォーム
 

営利企業である、不動産会社や住宅会社の最優先事項は自社利益の確保。

 

残念ながら、「施主の希望を叶える」ことではありません・・

 

そのため、注文住宅では「予算オーバー」がつきもの。

 
 
 

待っているのは、グレードダウンや要望の取り止めによる「建築費用の削減」

 

もしくは、「予算の追加」です。

 
 
 

ですが、これが普通の家づくり・・

 

残念ながら、「不動産会社や住宅会社にとって都合の良い家づくり」をしている限り、避けられない現実なんです。

 
 
 

IEsakuでは、「予算を最大限に活かした注文住宅の建て方」を無料で公開しています。

 

理想の暮らしを叶えるため、「施主にとって都合の良い家づくり」を学んでみませんか?

 
 
 

>【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べるメール講座に参加する

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで

おすすめ記事