【家づくりのおススメ情報媒体一覧】効率の良い情報収集の手段とは

----- Sponsored Links -----
こんな人におススメの記事です

  • 家づくりに関する情報収集をしたい人
  • 家づくりが初めてなので基礎知識を知りたい人
  • 家づくりで失敗や後悔をしたくない人

家づくりに失敗や後悔をしたくなければ情報収集がキモ

様々な情報媒体で情報収集をすることが重要

こんにちは!しみゆうです。

突然ですが、「家づくりの成功に必要な事は何ですか?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

 

人によって叶えたい要望は様々なので、「適切な資金計画」「マイホームを建てる環境」「腕の良い住宅会社」など、いろんな答が出ることでしょう。

しかし、どの要望を実現するためにも必要なものがありますよね。

 

そうです、家づくりには情報が必要不可欠なんです。

あなたの家づくりにとって必要で正しい情報収集が出来なければ、家づくりに失敗してしまうと言っても過言ではありません。

 

ですが、初めての家づくりでは、自分達に必要な情報がどんなものか分からなかったり、必要な情報が分かっても集め方が分からなければ、どうすることも出来ません。

今回は、「あなたにとって必要で正しい情報をどうすれば手軽に集められるのか」をまとめてみましたので、参考にして下さい。

マイホームに求める要望をイメージする

マイホームのイメージがわかない

まず、情報収集には「あなたがどんな情報を求めているか?」がとても大切です。

それが分からなければ、何から手を付けて良いのか分かりません。

手あたり次第、やみくもに情報を集める事も出来ますが、それでは時間がかかり過ぎますし、情報が多すぎて混乱してしまうでしょう。

そうならない様に、まずは「あなたの理想のマイホーム」をイメージしてみましょう。

例えば、

  • どんな環境で暮したいか(駅から近い、治安が良い、行きたい学校がある、買い物に便利、近くに公園がある、など)
  • どんな外観の家に住みたいか(立派な外観、真っ白い外壁、屋根の形状、窓の形、広い庭、など)
  • 部屋の内装はどんな感じか(理想のリビングのイメージ、部屋の雰囲気、落ち着く和室、無垢材の床板、高い天井、など)
  • どんな間取りなのか(広いリビング、吹き抜けのある玄関、オープンキッチン、子供部屋の数、浴室の広さ、など)
  • 設備機器はどんなものが良いか(暖かい床暖房、使いやすいキッチン、2ボウルの洗面台、トイレの数、太陽光発電、など)
  • 建物の構造(地震に強い、火事に強い、耐久性が高い、断熱性が良い、防音性が高い、など)

他にも、もっともっと叶えたい要望があるはずです。

それらが決まれば、その要望が一番得意な媒体を利用して、情報収集をすれば良いんです。

そうすれば、たくさんの情報に惑わされることもなく、あなたにとって必要で正しい情報を、少ない手間で時間をかけずに集めることが出来るのです。

----- Sponsored Links -----

得意分野別の情報媒体一覧

インターネットで家づくりの必要な情報を検索中

世の中には様々な情報媒体があります。

しかし、どの媒体も一律の情報を扱っているわけではありません。

媒体により、扱っている情報の種類も違いますし、「得意な分野」や「不得意な分野」も違うのです。

「正しい情報」や「求めている情報」を要領よく手に入れるためにも、媒体選びは欠かせません。

家づくりに関する情報媒体の得意分野や特徴をまとめてみましたので参考にして下さい。

住宅情報誌

◇得意分野
・家づくりに係わること全般

◆特徴
書店などで販売しているもの以外にもフリーペーパーなどもあり、「建物の知識」や「経験者の体験談」「住宅業界の動向」「マイホーム取得の知識」など家づくりに関する基本的な知識を得ることが出来る。
様々な専門家の意見を得ることが出来るが、その反面、著者の思考に偏る傾向があるので注意が必要。

〇こんな人におススメ
・家づくりに関する基礎知識が欲しい人
・建物の実例や経験談を知りたい人

インターネット

◇得意分野
・家づくりに係わること全般

◆特徴
様々なサイトがあり、「家づくりの基本知識」以外にも「経験者のブログ記事」や「建物や土地の最新情報」なども閲覧することが出来る。
その他にも、「建物の仕様・価格」「土地情報」などの比較も可能なので使い勝手が良い。
しかし、玉石混淆なので情報の真偽を見極める目が必要となり、古い情報も多いので更新日などにも注意が必要。

〇こんな人におススメ
・手軽に情報収集したい人
・家づくりに関する基礎知識が欲しい人

不動産会社の情報

◇得意分野
主に土地に関する情報

◆特徴
土地を専門に扱っているため土地情報は豊富だが、建築物には詳しくないため注意が必要。
大手不動産会社の支店では、横のつながりが強いので比較的広い範囲の土地探しが出来る。
その反面、地域密着型の不動産会社は地元の土地に詳しい傾向が強いので、土地近隣の環境や詳細情報を得られる可能性が高い。

〇こんな人におススメ
・住みたい地域が決まっている人
・土地に関するアドバイスが欲しい人

チラシや広告

◇得意分野
・近隣の土地や建売住宅の情報

◆特徴
新聞の折り込みやポストに投函されることが多く、近隣の最新情報が手に入ることが多い。
しかし、情報の絶対数が少なく、売れ残り物件も多い傾向があるので注意が必要。

〇こんな人におススメ
・現在住んでいる近隣の土地情報が欲しい人

住宅関連会社の情報誌

◇得意分野
・主に土地や建物に関する情報

◆特徴
大手不動産会社や大手ハウスメーカー・注文住宅に力を入れている工務店が無料で発行していることが多く、各会社の様々な特徴や理念・最新情報を手に入れることが出来る。
主に自社の商品について書かれているので、主催会社に有利な情報に偏る傾向があるので注意が必要。

〇こんな人におススメ
・気になる工務店やハウスメーカーの情報が欲しい人

家づくりの情報センター

◇得意分野
・主に家づくりに関する情報

◆特徴
家づくりに関する様々な情報を提供していることが多く、建築家や提携住宅会社の紹介も行っている。
無料セミナーやイベントもあるが、住宅展示場のように契約が主な目的のため注意が必要。

〇こんな人におススメ
・建築家に設計依頼をしたい人
・家づくりに関する相談やアドバイスを受けたい人

住宅展示場(大手住宅会社)

◇得意分野
・主に建物に関する情報

◆特徴
その住宅会社が建てている実際の建物が見ることが出来るので参考にしやすいが、最高のグレードのことが多く、モデルハウスと同じ仕様にするには費用が膨れ上がる場合が多い。
建物の大きさも一般的な住宅よりも大きく、天井が高かったり、廊下・階段幅などが広い場合も多いため注意が必要

〇こんな人におススメ
・実際に最新住宅を体験したい人
・複数のハウスメーカーの家を体験したい人

オープンハウス・現場見学会(工務店などの中小住宅会社)

◇得意分野
・主に建物に関する情報

◆特徴
オープンハウスは実際の施主が建てている住宅の場合が多いので、その住宅会社の工法や仕様の参考にしやすいが、施主のこだわりや趣向が強い傾向があるので気を付けること。
現場見学会の場合は、自分が見学したい工事工程を指定することは難しいので、思っていた工程が見られないことも多いので注意が必要。

〇こんな人におススメ
・気になる工務店が建てた住宅を体験したい人
・建築中の建物を見学したい人

効率の良い情報収集をするには?ーまとめ

効率良く家づくりの知識や情報を集める方法

例えば、こんな経験はありませんか。

パソコンのことが知りたくて家電量販店に行き担当者から様々な説明を受けてみると、その説明がなんとなく良さそうだったので、担当者の勧めるパソコンを買ってしまった。

その後、テレビや家電雑誌を見ていると、買ったパソコンよりも自分が欲しい機能がある高性能な機種が安く買えるのを知ってすごく後悔した。

こんなことになるのも、自分の求めている要望がはっきりしていない状態で、情報収集をせずにお店に行ってしまい、営業担当者の話術に誘導されてしまったからです。

 

同じように、家づくりに失敗や後悔を感じている人の多くは、自分達のマイホームに確固たるイメージが無いために情報収集が出来ず、売り手の都合の良いように誘導されてしまった人なんです。

例えば、「注文住宅を建てよう!」と思った人のほとんどは、真っ先に住宅展示場などに行ってしまいます。

そして多くの人が、最初に飛び込んだ2~3社だけを候補に検討を始め、住宅営業マンの巧みな話術に誘導されて、その中の1社に決めてしまうのです。

こんなことでは、住宅会社に都合の良い家は建てられても、あなたの理想の家は建てられませんし、家づくりの最中に「叶えたい要望」が出て来ても、自分達の思い通りにすることは不可能です。

 

そんなことが無い様に、あなたの理想のマイホームのイメージを固めましょう。

そのためにも、情報収集と情報の整理は欠かせません。

近所を散策して様々な家を見て見たり、自分の欲しい情報が得意な媒体を利用したり、

まずは、売り手の都合で誘導されない様に、理想のマイホームを建てるために必要な正しい基礎知識を手に入れましょう。

 

確かに、住宅展示場でたくさんの家を見てみたい気持ちも分かりますが、基礎知識を手に入れてから、不動産会社や住宅展示場・オープンハウスに行っても遅くありません。

やみくもに行動するのではなく、順を追って行動することが「理想のマイホームを建てる」早道となります。

どうしても住宅展示場に行くのが我慢できなかったら、この記事を参考にして下さい。

「住宅展示場での注意点」については、下記のリンクから移動できます。

【家づくりの奥義】住宅展示場での情報収集のコツと注意点

2017.01.14

「家づくりマニュアル」へは、下記のリンクから移動できます。

【家づくりマニュアル②】必要な知識や情報収集の秘訣と注意点

2017.01.23

「家づくりの流れ」については、下記のリンクから移動できます。

【完全保存版】初心者必見!家づくりの流れと必要期間の総まとめ

2017.01.08

他の「家づくりの情報収集」関連の記事については、、下記のリンクから移動できます。

ブレない!まどわされない!家づくりの知識や情報収集の注意点

2017.01.09
----- Sponsored Links -----

家づくりのご質問やご相談を募集しています!

初めての家づくりでは、「失敗」や「後悔」がつきものと言われています。

しかし、個人の専門的な知識の習得は非常に困難で、その道のプロに相談しようにも、利害関係のない専門家に意見を聞く機会なんて、実際ほとんどないのが現状です。

 

『一生に一度の家づくりで、絶対失敗したくない!』

 

そんな方の力になれればと、このブログを始めました。

長年、注文住宅の設計・監理に携わってきた建築士しみゆうが、これまでに得た知識や経験を総動員して、

家づくりに関する疑問や相談に応え、秘訣や注意点をアドバイスいたします。

 

  • これから家づくりを始めたい方
  • すでに家づくりを始めている方
  • 現在の家づくりに不満や不安を感じている方

たとえ些細なことでも差し支えありませんので、悩みの大小にかかわらず、ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
※現在は無料です

※返信までに数日を要することもありますが、必ず返答させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です