こんな人におススメの記事です!
■ ネット銀行の住宅ローンを利用する際の注意事項を知りたい人
■ ネット銀行の住宅ローンのメリットやデメリットが気になる人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人

こんにちは!建築士のしみゆうです。

昨今のインターネットの普及によってネット銀行が増加し、今では住宅ローンも取り扱っていることをご存知でしょうか?

 

金利の低い住宅ローンには、一般的な金融機関に比べて大きな魅力があり、「パソコンやスマートフォンで24時間いつでも手軽に申し込める」「来店せずとも様々な手続きが可能」といった利便性の良さも人気を手助けしているようです。

その証拠に、私の勤務している工務店でも、ネット銀行の住宅ローンを希望される方が増えています。

 

とは言え、一見いいこと尽くしに思えるネット銀行の住宅ローンにも意外な落とし穴がある・・というのは、あまり知られていないようです。

今回は、ネット銀行の住宅ローンを利用する前に心得ておきたい、「メリット」や「デメリット」「注意点」についてまとめてみました。

ネット銀行の住宅ローンの特徴

ネット銀行の住宅ローンを利用するメリットとデメリット

初家さん

ネット銀行の住宅ローンって、低金利だったり、手数料が安かったり、普通の金融機関よりもお得に思えるメリットが多いんですよね。

 

実は、我が家でも検討中なんです!

しみゆう

ネット銀行の大きな特徴として、実店舗を減らし固定費を抑えることで実現した、金利の低い住宅ローンの提供が挙げられます。

 

しかし、実店舗が少ないが故の弊害がないわけではありません。

 

一般的な金融機関と比較しながら、ネット銀行による住宅ローンの「メリット」や「デメリット」について押さえておきましょう。

ネット銀行の住宅ローンのメリット・デメリット

◇メリット

  • 一般の金融機関と比較して低金利の傾向がある
  • 実店舗に来店する手間が省ける
  • 保証料や繰り上げ返済手数料などが無料になることが多い
  • インターネットを利用した24時間の申し込みが可能
  • 事前審査の合否返答が早い

◆デメリット

  • 一般的な金融機関と比較して審査基準が厳しい
  • 事務手数料が高額になることが多い
  • 借地権などの特殊物件への対応が難しい
  • 本審査の結果が出るまでに時間が掛かる
  • きめ細かいサポートや個別対応に期待できない
  • 必要書類などの準備や手続きを自分で行わなければならない

初家さん

こうやって見ると、デメリットも結構あるんですね。

 

それに、繰り上げ返済などの手数料が安いと聞いていたので、てっきり事務手数料も安価なんだと思い込んでました・・

 

住宅ローンって大きな金額を扱うし、ちゃんと手続きできるか心配になってきましたよ。

しみゆう

おっしゃる通り、ネット銀行は業者任せにできない部分が非常に多く、住宅ローンに関する知識がないと苦労するかもしれません。

 

しかし、金利優遇などの金銭的なメリットが大きく、少しでも返済の負担を抑えたい人にとって大きな魅力があるのは間違いないでしょう。

 

では、ネット銀行を利用する際に注意しておきたいポイントについて紹介しますね。

----- Sponsor Link -----
 

ネット銀行の住宅ローン利用時に注意しておきたいポイント

ネット銀行独特の注意事項を知らないと予期せぬ事態に陥るかも!?

しみゆう

一般的な金融機関と異なり、担当者からの個別フォローが期待できず、必要な手続きを自分で調べ、自分で用意しなければならない、というのもネット銀行ならではの特徴です。

 

では、ネット銀行の住宅ローンを利用した際に陥りやすい、よくある失敗を見てみましょう。

ネット銀行の住宅ローンでよくある失敗

  • 事前審査は通過していたのに本審査で借り入れを断られた
  • 本審査での書類の不備や郵送によって予定時期を大幅にオーバーしてしまった
  • 住宅ローン自体は低金利だが高額な事務手数料が必要になり返済総額を抑えられなかった
  • 契約規約の理解が不充分だったため特約などの不利な点に気が付けなかった
  • 決済までに必要な手続きのスケージュール管理に失敗してしまい引越しの予定が大幅に狂ってしまった

初家さん

エ~ッ!ネット銀行って、事前審査が問題なくても本審査で落ちてしまうことがあるんですか!?

 

もしそんなことになったら・・

しみゆう

そうなんです。

 

ネット銀行の事前審査はパソコンで手軽に24時間いつでもできますし、当日に審査の結果が分かることも珍しくないので、非常に重宝されるんですが・・

 

事前審査時に入力する情報が少ない分、個人情報や物件情報に対しての審査が甘くなりやすく、本審査でネガティブ要因が見つかってしまうと、借り入れを断られることも珍しくないんです。

初家さん

そんな~!

 

事前審査がOKなら、間違いなく借り入れができるんじゃなんですか!?

しみゆう

一般的な金融機関の住宅ローンだと、事前審査に問題なければ、余程のことがない限り本審査でNGになることはありません。

 

その上、ネット銀行では保証機関を利用しないことが多いため、貸し倒れを防ぐために審査条件の設定が厳しいと言われています。

 

なので、一般的な金融機関で事前審査に問題がなくても、ネット銀行で借り入れを断られることもあるので、くれぐれも注意してくださいね。

初家さん

そんなこと思ってもみませんでした・・

 

じゃあ、もし本審査で借り入れを断わられたらどうなっちゃうんですか?

しみゆう

当然ですが、住宅ローンの本審査でNGが出てしまうと、建売住宅などの完成物件の場合は引き渡しが受けられませんし、購入自体をキャンセルしなければならないかもしれません。

 

注文住宅だと、本審査の通過が工事着工の条件になっていることが多いので、借り入れできる金融機関が決まるまでの間は計画の停止を余儀なくされてしまうでしょうね。

----- Sponsor Link -----
 

本審査のタイミングを間違うと大変なことに!?ーまとめ

必要書類や手続きの遅延で本審査が工事着工期限までに間に合わないことも・・

初家さん

えっ!注文住宅だと建物の工事を始めてくれないんですか!

 

ということは・・マイホームの完成が遅れちゃうから・・

しみゆう

そうですね。ご想像の通り、建物が完成しないと引っ越すことができません。

 

なので、転勤や進学などの予定があったり、賃貸解約などで現在のお家に住み続けられない理由があれば、仮住まいの費用が必要になるかもしれませんね。

 

ですが、注意が必要なのは本審査の結果だけではありませんよ。

初家さん

まだ注意しないといけないことがあるんですか!?

しみゆう

ネット銀行の本審査が厳しいことは割と有名なので、それについては気を付けてる方も多いんですが・・

 

住宅ローン手続きのスケジュール管理に失敗して計画がストップしてしまうことも多いんです。

初家さん

そういえばネット銀行のデメリットの中に、「きめ細かいサポートや個別対応が期待できない」っていうのがありましたね。

 

そうか・・住宅ローンに関するスケジュール管理も自分でしないといけないんだ・・

しみゆう

そうです。ネット銀行の住宅ローンを利用する場合は、本審査に必要な書類の準備や手続きも自分で行わないといけません。

 

しかし、ほとんどの方は住宅ローンの手続きなんてしたことがないので、不備の訂正や書類の郵送に必要な期間を見越すのを忘れてしまい、「工事着工の期限までに本審査のOKが出ない・・」なんてことになってしまう場合があるんです。

初家さん

ネット銀行の住宅ローンって、いろんなことに気を付けないといけないんですね。

 

こりゃ、借り入れできるまでのハードルが高そうだ・・

しみゆう

ネット銀行だけにこだわらず、一般的な金融機関の住宅ローンも視野に入れて、複数の金融機関の事前審査に申し込んでおくことをおススメします。

 

そうすれば、仮にネット銀行の本審査でNGになっても、素早く次候補の住宅ローンに切り替えられるので、家づくりのスケージュールが大幅に狂うような事態は避けられるでしょう。

初家さん

なるほど!そうやって万が一の時のために備えておけばイイんですね!

 

もし気が付かずに、ネット銀行だけで計画を進めていたら大変なことになっていたかもしれません。

しみゆう

ネット銀行の住宅ローンは有利な点も多く、「こまめな繰り越し返済を計画している人」や「金融機関の担当者とのやり取りが煩わしい人」などに向いていると言えます。

 

しかし、住宅会社や不動産会社からのフォローが期待できなかったり、必要な手続きを自分でこなす必要があるので、一般的な金融機関の住宅ローン比べて非常に多くの「時間」と「手間」が必要です。

 

そう考えると、行動力があって情報収集が得意で、なおかつ比較検討が好きな方に向いているのがネット銀行の住宅ローンと言えるかもしれません。

初家さん

少し前の私は、自分から行動するのが苦手だったんですけど、家づくりを始めて「情報収集」や「比較検討」の大切さが嫌と言うほど分かりました(笑)

 

いい機会なので、ネット銀行の住宅ローンことをもっと詳しく調べてみようと思います!

今回の問題解決と総まとめ
■ 有利な条件の住宅ローンを取り扱っているネット銀行が増えている
■ ネット銀行ならではの注意点や失敗に気を付けよう
■ 事前審査に通過していても本審査で借り入れを断られる危険性が高い
■ 一つの金融機関にこだわらず万が一の出来事に備えておくことが大切

しみゆう

上の検索窓に調べたいキーワードを入力し、虫めがねボタンをクリックするとIEsaku内の関連記事を検索できます!

 

サイドバー最上部やフッターの検索窓も同じ機能です。

 

是非、あなたの家づくりにお役立てください^^

----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べる家づくり講座

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学ぶ家づくり講座登録フォーム
 

営利企業である、不動産会社や住宅会社の最優先事項は自社利益の確保。

 

残念ながら、「施主の希望を叶える」ことではありません・・

 

そのため、注文住宅では「予算オーバー」がつきもの。

 
 
 

待っているのは、グレードダウンや要望の取り止めによる「建築費用の削減」

 

もしくは、「予算の追加」です。

 
 
 

ですが、これが普通の家づくり・・

 

残念ながら、「不動産会社や住宅会社にとって都合の良い家づくり」をしている限り、避けられない現実なんです。

 
 
 

IEsakuでは、「予算を最大限に活かした注文住宅の建て方」を無料で公開しています。

 

理想の暮らしを叶えるため、「施主にとって都合の良い家づくり」を学んでみませんか?

 
 
 

>【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べるメール講座に参加する

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで

おすすめ記事