【4種類の戸建住宅】あなたにピッタリなカタチを知っていますか?

----- Sponsored Links -----
こんな人におススメの記事です!

■ どの形態の戸建住宅が自分達家族にピッタリか分からない人
■ 戸建住宅のカタチ(販売方法)の違いによる特徴を知りたい人
■ 家づくりで失敗や後悔をしたくない人

こんにちは!建築士のしみゆうです。

「マイホームを購入しよう!」と決心しても、まずはマンションにするか、戸建住宅にするかを決めなければいけませんし、

「戸建住宅が欲しい!」と思っても、「種類(形態)」や「カタチ(販売方法)」によって選択できる範囲が大きく違うので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

 

それに、建売住宅には建売住宅の、注文住宅には注文住宅の「メリット」や「デメリット」があるのはもちろん、マイホームが手に入るまでの「時間」や「手間」も大きく異なります。

もし、自分達家族に合ったマイホームのカタチを選択できなければ、理想のマイホームが手に入らないのはもちろん、求めていた「暮らし」や「ライフスタイル」の実現さえも困難になってしまうかもしれません。

今回は、戸建住宅の「種類(形態)」や「カタチ(販売方法)」を4種類に分類して、それぞれの「特徴」や「メリット」「デメリット」をご紹介します。

4種類の戸建住宅のカタチ(販売方法)

戸建住宅を手に入れるために選択できる4つの形態とは

「戸建住宅にはどんな種類があるかご存知ですか?」と尋ねると、

ほとんどの方は「建売住宅と注文住宅」とお答えになると思います。

 

もちろん、間違いではありませんが、もっと詳細なカテゴリーに分けられるんです。

と言うのも、注文住宅なら「どんな要望も叶えてくれる」や「自分達の理想に合わせて自由自在に変更が可能」というイメージをお持ちの方が多いのですが、

実際は選択範囲に制限のある住宅会社がほとんどで、「種類(形態)」や「カタチ(販売方法)」によっては、「間取りの変更ができない」や「取り扱いメーカーが少ない」「色の変更しか受け付けない」なんてことも珍しくありません。

この機会に、自分達家族に合ったマイホームの「種類」や「カタチ」を知っておいてください。

建売住宅の特徴

建売住宅は、チラシなどで目にする機会も多いので、最も馴染みが深いマイホームのカタチだと思います。

文字通り、既に建築済みの建物を購入することになりますから、マイホームの購入方法としては一番手軽で、なおかつ住まいが変わることによって起こるライフスタイルの変化を想像しやすいという特徴があります。

◇メリット

  • 実際に完成した建物を見ることができる
  • 「土地」と「建物」がセットで手に入る
  • 注文住宅に比べて安価な物件が多い
  • マイホームを手に入れるまでの手間が少ない
  • 大手デベロッパーなら立地条件がよいことが多い

◆デメリット

  • 自分好みの「間取り」や「外観」の建物を見つけにくい
  • 建物の「性能」や「仕様」の変更ができない
  • 「性能」や「仕様」の高い物件がほとんどない
  • 工事中を見学できないので建物の欠陥に気が付きにくい
  • アフターメンテナンスに期待できないことが多い

「建売住宅の特徴」についての詳細へは、下記のリンクから移動できます。

建売住宅ってなんで安いの?欠陥住宅の心配はないの?

2017.04.22

規格住宅の特徴

注文住宅の中では一番自由度は低い住宅になるのですが、その分決めないといけないことが少ないので、

建物に対するこだわりが少ない方にとっては、嬉しい注文住宅のカタチと言えるかもしれません。

 

少し前までの規格住宅は、建物が完成した後の姿が建売住宅と見分けがつかないことも多かったのですが、

近年では「デザイン」や「性能」など、ニーズに合わせて特化した建物も増えており、様々な「特徴」や「個性」を持った規格住宅が開発されるようになりました。

もしかしたら、自分達の理想のマイホームがリーズナブルな価格で見つかるかもしれませんよ。

◇メリット

  • 建物の設計費のコストダウンになる
  • 間取りなど打合せ時間の短縮ができる
  • 使い勝手の悪い間取りになりにくい
  • 建物のコストパフォーマンスが高い
  • 職人の技術差による品質のムラが少ない
  • 他の注文住宅に比べて工期が短い

◆デメリット

  • 間取りの自由度が非常に低い
  • 建物の「性能」や「仕様」の自由度が非常に低い
  • 「性能」や「仕様」の高い建物が少ない
  • 狭小地や変形地との相性が悪い
  • 規格外の変更が割高になってしまう

「規格住宅の特徴」についての詳細へは、下記のリンクから移動できます。

コストパフォーマンスの高い注文住宅が手に入る!?規格住宅とは

2017.04.29

----- Sponsored Links -----

セミオーダー住宅の特徴

意外かもしれませんが、CMなどで有名な大手ハウスメーカーが扱っている注文住宅のカタチこそがセミオーダー住宅なんです。

大きな特徴としては、住宅会社によって「構造」や「性能」といった建物の基本部分が決まっているため、大きな変更に対応してくれることがほとんどなく、

基本的に「建材」や「設備機器」なども一定の範囲から選ぶことになるので、決して「どんなことも自由自在」というわけではありません。

◇メリット

  • ある程度の間取り変更であれば可能
  • 一定の範囲から「性能」や「仕様」を選ぶことができる
  • フルオーダー住宅に比べて価格が安い
  • アフターサービスに力を入れていることが多い
  • 住宅会社がモデルハウスを持っていることが多い

◆デメリット

  • 建物の性能に関わる部分の変更が難しい
  • 「間取り」や「仕様」の打ち合せに「時間」や「手間」がかかる
  • 「極端な狭小地」や「特殊な条件の土地」に対応できないことが多い
  • マイホームに取り入れたい要望を叶えられないことがある

「セミオーダー住宅の特徴」についての詳細へは、下記のリンクから移動できます。

今時の注文住宅のカタチ!?セミオーダー住宅の賢い選び方

2017.05.12

フルオーダー住宅の特徴

他の注文住宅の形態と違い、「物理的に可能なことならどんなことでも自由自在」と言っても過言ではないのがフルオーダー住宅です。

なので、建物の「建材」や「設備機器」など、選べる「仕様」に制限はありませんし、「構造」や「性能」に関しても変更は可能なのですが、

その分、決めないといけないことが非常に多く、どうしても「時間」や「手間」がかかるので、事前に「情報収集」や「家づくりの勉強」を行っておく必要があります。

 

それに、住宅会社の実力が建物の完成度に直結するので、「施工・監理技術」や「熟練度」が低い住宅会社を選んでしまうと、将来的なマイホームの「維持」や「管理」に不安が残りますし、不具合の発生確率も上がってしまいます。

注文住宅の中では、最もハードルの高いカタチと言えるかもしれません。

◇メリット

  • 「性能」や「仕様」を自由に選べる
  • 特別注文に対応してくれる
  • こだわりのマイホームが手に入る
  • 特殊な形状の土地にも対応できる

◆デメリット

  • 高いコストパフォーマンスに期待できない
  • 決めることが多いので「時間」や「手間」がかかる
  • 他の注文住宅に比べて工期が長いことが多い
  • 完成した建物をイメージしにくい

 「フルオーダー住宅の特徴」についての詳細へは、下記のリンクから移動できます。

どんな要望も自由自在!?フルオーダー住宅で必ずしておきたいコト

2017.05.19

それぞれの形態に向いている人とは?-まとめ

自分達の理想のマイホームに合った形態を選ばないと家づくりに失敗してしまうかも

今回は、戸建住宅を購入する際に選択できる4種類のカタチについて紹介しました。

どのカタチが「良い」「悪い」ではなく、自分達家族にピッタリのカタチを知ることが大切だと思います。

と言うのも、「住まいに対するこだわりが少ない方」や「家づくりに時間をかけたくない方」「コストパフォーマンスの高いマイホームが欲しい方」にとっては「建売住宅」や「規格住宅」を選ばれた方がメリットは大きいでしょうし、

逆に、「せっかくのマイホームだから少しこだわってみたい方」や「じっくりと家づくりをしてみたい方」にとっては、自分達の要望に合わせた「セミオーダー住宅」や「フルオーダー住宅」でなければ満足できない可能性が高いんです。

 

もっと具体的に言うと、

引っ越しまでの時間がなかったり、実際の建物を見ないと納得できないのであれば、「建売住宅」でなければ実現は不可能でしょう。

それに、注文住宅に憧れていても、「間取り」や「デザイン」にそれほどこだわりがなければ、「規格住宅」の方が総合的な満足度は高いかもしれませんし、

自分達のライフスタイルに合った間取りに凝りたければ、「セミオーダー住宅」や「フルオーダー住宅」を選ばないと後悔するかもしれません。

とことん建物の「デザイン」や「間取り」「性能」にこだわりたければ、「フルオーダー住宅」を選ばない限り、夢の実現は不可能です。

 

このように、自分達家族が理想とするマイホームのカタチが分かれば、家づくりの方向性が見えてくるので、

「理想のマイホームを手に入れる」ために、学んでおかないといけない「知識」や「情報」も自ずと分かってきます。

 

最初は誰しも手探りから始まりますし、何から手を付けていいのか難しい家づくりですが、

少しづつ選択肢を絞っていけば道筋が見えてくることが多いので、一歩一歩進んで行きましょう。

このブログがお役に立てれば幸いです。

 「家づくりで失敗しない3つの秘訣」についての詳細へは、下記のリンクから移動できます。

【初心者必見】初めての家づくりでも失敗しない3つの秘訣を大公開!

2017.03.22
今回の問題解決と総まとめ

■ マイホームを手に入れる方法には4種類の「形態」や「カタチ」がある
■ 注文住宅と言っても、住宅会社のビジネスモデルによって実現可能な範囲が異なる
■ 住宅会社の取り扱っている建物の種類を間違うと、家づくりに失敗しやすい
■ 理想のマイホームを手に入れるためには、自分達に合ったカタチの家づくりが大切

「家づくりマニュアル①」へは、下記のリンクから移動できます。

【家づくりマニュアル①】賃貸派?購入派?失敗や後悔しないために

2017.01.16

「家づくりの流れ」については、下記のリンクから移動できます。

【完全保存版】初心者必見!家づくりの流れと必要期間の総まとめ

2017.01.08
----- Sponsored Links -----

家づくりのご質問やご相談を募集しています!

初めての家づくりでは、「失敗」や「後悔」がつきものと言われています。

しかし、個人の専門的な知識の習得は非常に困難で、その道のプロに相談しようにも、利害関係のない専門家に意見を聞く機会なんて、実際ほとんどないのが現状です。

 

『一生に一度の家づくりで、絶対失敗したくない!』

 

そんな方の力になれればと、このブログを始めました。

長年、注文住宅の設計・監理に携わってきた建築士しみゆうが、これまでに得た知識や経験を総動員して、

家づくりに関する疑問や相談に応え、秘訣や注意点をアドバイスいたします。

 

  • これから家づくりを始めたい方
  • すでに家づくりを始めている方
  • 現在の家づくりに不満や不安を感じている方

たとえ些細なことでも差し支えありませんので、悩みの大小にかかわらず、ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
※現在は無料です

※返信までに数日を要することもありますが、必ず返答させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です