間違いだらけの家づくり・・
家づくりの秘訣を手に入れて理想の暮らしが実現する方法をお教えします

注文住宅専門の建築士だからこそ知っている、家づくり成功の秘訣を公開中!

こんな人におススメの記事です!
■ 注文住宅の住宅ローン金利が決まるタイミングを知りたい人
■ 住宅ローン本申し込み時の金利が適応されると思っている人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人

こんにちは!建築士のしみゆうです。

マイホーム購入の際、住宅ローンの利用を予定されている方が多いと思いますが、そのローンに適応される金利が決まるタイミングをご存知でしょうか?

 

もし、「そういえば知らないな・・」や「住宅ローンの本申し込みの時じゃないの?」と思われたなら、少し情報収集が足りないかもしれません。

と言うのも、「建売住宅」や「分譲マンション」「中古物件」のように、既に完成している物件を購入する場合は、「住宅ローン本申し込みのタイミング」と「物件が引き渡されるタイミング」の差が小さいので、それほど心配はありませんが・・

注文住宅を考えているなら、思わぬ落とし穴が待ち構えている危険性があるんです。

 

今回は、そんな危険を回避するために役立つ、注文住宅での住宅ローンの「金利決定のタイミング」や「対策方法」について紹介します。

ほとんどの住宅ローンでは建物引渡し時の金利が適応される!

一般的な注文住宅建築と住宅ローン契約の流れの対比

初家さん

エッ!住宅ローンの金利って、本審査申し込み時の金利が適応されるんじゃないんですか!?

しみゆう

初家さんもそう思い込んでいましたか・・

 

(意外とそう思い込んでる人、多いんだよなぁ~)

 

実際は本審査の申し込み時ではなく、融資実行日(多くは建物引渡し時)の金利が適応される住宅ローンが大半を占めているんです。

初家さん

建物引渡しの時と言うと・・

 

注文住宅なら、かなり先のことになりますよね。

しみゆう

そうですね。

 

注文住宅のように完成していない建物を購入する際は、住宅ローンの本申し込みから融資実行となる建物の引渡しが1年以上先になることも多く、

 

市中金利の動向によっては、予想もしない金利で住宅ローンを組むことになってしまうかもしれません。

初家さん

もし、マイホームが引き渡される頃の金利が大幅に上がっていたらどうしよう・・

 

返済していけるかしら・・

しみゆう

もちろん市中金利が上昇するかどうかは誰にも分かりませんし、

 

もしかしたら、「今より低い金利で住宅ローンが組める」なんて、嬉しい誤算があるかもしれません。

 

しかし、現在(2017年11月)のような低金利では分が悪く、数年後には大幅に金利が上昇しているかもしれませんね。

初家さん

とは言っても、いまさらマイホームの計画を変えたくないし・・

 

何かイイ対策はありませんか?

----- Sponsor Link -----

適応金利のタイミングが選べる住宅ローンもある!?

本申し込み日と融資実行日のうち有利な適応金利が選べる住宅ローンもある

しみゆう

そうですね。

 

例えば、本申し込み時の金利が適応される住宅ローンの代表的なものに、「財形住宅融資」というものがあります。

財形住宅融資とは

「財形貯蓄の継続1年以上」や「住宅ローン申し込み時の貯蓄残高が50万円以上」などの条件を満たすことで利用が可能となる、「マイホーム取得」や「リフォーム」の際に利用できる融資制度

5年間固定金利制(5年ごとに適応金利を見直す)の住宅ローンとなり、返済初年度から5年目までの適応金利は住宅ローン借入申し込み時に確定する

初家さん

でも、今から1年以上も財形貯蓄をしていたら、ローンを申し込む頃には金利が上がっている危険性もありますよね。

 

それに、もっと早くマイホームが欲しいし・・

しみゆう

最近では財形住宅融資以外にも、借入申し込み時の金利が適応される民間銀行の融資も増えています。

 

中には、「借入申し込み時」と「融資実行日」のうち、契約者にとって有利な金利を選べる住宅ローンもあるくらいなんですよ。

初家さん

その住宅ローンは財形貯蓄じゃなくても利用できるんですか?

 

「自分達に有利な金利が選べる」ってイイなぁ~

しみゆう

ただ、ほとんどが「変動金利」か「固定金利(期間選択型)」しか対応していないんですよね~

 

「固定金利(全期間型)」は金融機関にとってリスクが高いので、仕方ないと言えば仕方ないんですが・・

初家さん

そうなんですか~

 

全期間型の固定金利を選ぼうと思っていたので、残念です。

しみゆう

ですが、稀に「期間限定」や「契約数限定」などのキャンペーンで、「固定金利(全期間型)」が選べる金融機関もあるそうですよ。

 

タイミングがよければ出会えるかもしれないので、一度調べてみてはいかがですか?

----- Sponsor Link -----

注文住宅では予期せぬ金利上昇も視野に!ーまとめ

注文住宅の住宅ローンでは思わぬ高金利の返済が必要になることも

初家さん

家づくりって、「土地」や「建物」のことを考えるだけじゃないんだ・・

 

金利が決まるタイミング一つとっても様々な住宅ローンがあるんですね。

しみゆう

建売住宅のような完成物件を購入するなら、それほど住宅ローン金利が確定するタイミングを気にする必要はありません。

 

しかし、注文住宅のように建物の引き渡しまでに期間がある場合は、住宅ローンの適応金利が決まるタイミングの確認も忘れずにしておきましょう。

初家さん

でも、よく考えたら怖いですね・・

 

ちゃんと資金計画をしたつもりでも、金利が確定するタイミングが違うだけで、マイホーム完成時の金利が上がっていたら月々の返済が増えてしまうんですよね。

しみゆう

たしかに初家さんの言う通りです。

 

特に現在のような低金利時代に、融資実行日の金利が適応される住宅ローンを予定しているなら、

 

予期せぬ金利上昇も視野に入れ、少し余裕を持った資金計画を心掛けた方が安心ですね。

初家さん

この前、住宅ローン相談会に参加したんですが、サラッと説明してくれただけで、

 

そんなに詳しく教えてくれませんでしたよ。

しみゆう

住宅ローン相談会なら一通りの説明はしてくれるハズですが・・

 

どうしても自社の住宅ローンのメリットの紹介がメインになるので、都合の悪いことは詳しく説明しないことも多いんですよね。

初家さん

金利が低いうちにマイホームの購入を考えているなら、

 

「早目の行動」や「早い段階に金利が確定する住宅ローンの選択」を心掛けた方がイイですね。

しみゆう

一見すると自分達にとって有利な条件の住宅ローンのように見えても、適応金利が高かったり、契約時に多額の諸費用が必要なこともあるので、

 

売り文句などの一部の文言だけに惑わされず、金融商品の全体像を掴むように心掛けて、自分達のライフスタイルに合った住宅ローンを見つけてくださいね。

今回の問題解決と総まとめ
■ 大半の住宅ローンでは融資実行日(建物の引渡し時)の金利が適応される
■ 適応される金利のタイミングを選べる住宅ローンも増えている
■ 注文住宅では金利動向により予期せぬ高金利になる危険性がある
■ 住宅ローンでは一部の文言だけでなく全体像を掴むことが大切

「家づくりに失敗しない秘訣」へは、下記のリンクから移動できます。

「家づくりマニュアル①」へは、下記のリンクから移動できます。

「家づくりの流れ」については、下記のリンクから移動できます。

他の「住宅ローン金利」関連の記事については、下記のリンクから移動できます。

家づくりを成功させる自信はありますか?

一生に一度かもしれない家づくりで失敗を防ぐには「道しるべ」が欠かせません
その道しるべとなるのが「家づくりノート」です

あなたの家族だけの「家づくりノート」があれば・・

自分達の家づくりに足りない物が見つかる
家づくりの漫然とした不安から解放される
自分達に合った住宅会社を見極められる
何から手を付けるべきか一目でわかる

CATバナー


注文住宅は決断の連続です!
初めての家づくりが失敗しやすいのは、決断に欠かせない知識や基準が不足しやすいからに他なりません
様々な住宅会社のカタログから情報を収集し、「自分達だけの家づくりノート」を作成しましょう

それこそが、理想のマイホームを手に入れる近道です!


注文住宅の資料請求活用法はコチラ!

----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

家づくりのご質問やご相談を募集しています!

初めての家づくりでは「失敗」や「後悔」がつきものと言われています。

 

しかし、個人の専門的な知識の習得は非常に困難で、その道のプロに相談しようにも、利害関係のない専門家に意見を聞く機会なんて、実際ほとんどないのが現状です。

 

『一生に一度の家づくりで、絶対失敗したくない!』

 

そんな方の力になれればと、このブログを始めました。

 

長年、注文住宅の設計・監理に携わってきた建築士しみゆうが、これまでに得た知識や経験を総動員して、家づくりに関する疑問や相談に応え、秘訣や注意点をアドバイスいたします。

 

・これから家づくりを始めたい方
・すでに家づくりを始めている方
・現在の家づくりに不満や不安を感じている方

 

たとえ些細なことでも差し支えありません!
悩みの大小にかかわらず、お気軽にお問い合わせください。

※もちろん無料です

 

 

※日数を要することもありますが、必ず返答させていただいています。

おすすめ記事