家づくりを成功させる自信はありますか?

一生に一度かもしれない家づくりで失敗を防ぐには「道しるべ」が欠かせません
その道しるべとなるのが「家づくりノート」です
 

あなたの家族だけの「家づくりノート」があれば・・
 
自分達の家づくりに足りない物が見つかる
家づくりの漫然とした不安から解放される
自分達に合った住宅会社を見極められる
何から手を付けるべきか一目でわかる
CATバナー


注文住宅は決断の連続です!
初めての家づくりが失敗しやすいのは、決断に欠かせない知識や基準が不足しやすいからに他なりません
様々な住宅会社のカタログから情報を収集し、「自分達だけの家づくりノート」を作成しましょう
 
それこそが、理想のマイホームを手に入れる近道です!


注文住宅の資料請求活用法はコチラ!

こんな人におススメの記事です!
■ 生涯、賃貸住宅で暮らし続けるための準備をしておきたい人
■ マイホームを購入するか、家賃を払い続けるか、迷っている人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人

こんにちは!建築士のしみゆうです。

以前、「マイホームの購入に必要な総費用」と「生涯、賃貸住宅で暮らすために必要な総費用」を比較したのですが、

生涯収支で比べると、マイホームを購入した方が得という結果になりました。

もちろん、お金だけが全てではありませんが、

賃貸住宅に住み続けることは、持ち家では得られなメリットを味わうことができます。

しかし、賃貸住宅にしかないメリットを得続けるためには、それなりの準備をしておかないと、後で取り返しのつかない「失敗」や「後悔」をしてしまうかもしれません。

 

それに、「備えあれば患いなし」という諺(ことわざ)があるように、何事も準備をしておけば、将来に対する不安も和らぎますからね。

今回は、生涯賃貸住宅で暮らし続けるために、「これさえ準備しておけば安心」という2つのポイントについてご紹介します。

家賃を支払い続ける準備

生涯賃貸住宅で暮すなら家賃を払い続ける準備が必要

近年、終身雇用制度が崩壊し、「定年時の退職金」や「老後の年金支給額」にも期待できない時代になってしまいました。

一説では、今の子育て世代が年金を貰う頃には、年金だけでは「食費や光熱費をまかなうのが精一杯」になるとも言われています。

もしそれが本当なら、年金以外からも住居費用を捻出しなければ生活が成り立ちません。

 

「マイホームを購入しても住宅ローンが残っていたら、負担は同じでは?」という声が聞こえてきそうですが、

退職前に住宅ローンを完済する方々と比べると、退職後の住居費用の負担が大きく違うのは明らかですし、

住宅ローンは家賃と違い、生涯払い続けるわけではないので、完済後には住居費用の負担が大幅に減少します。

 

しかし、生涯賃貸住宅で暮らすなら、「月々の家賃の支払いから逃れる術」は存在しません。

もちろん、既に将来に対する不安のない「収入」や「貯蓄」があったり、親からの遺産などの相続が期待できるのなら、無用の心配かもしれませんが、

もしそうでないのなら、家賃を支払い続けられるだけの「収入」や「貯蓄」の準備をし、「年金だけでは暮らしていけない時代」に備えておかないと、生涯賃貸住宅に住み続けられないかもしれませんよ。

----- Sponsor Link -----

連帯保証人の準備

生涯賃貸住宅で暮らすなら連帯保証人の準備が必要

「老後は広い家も必要ないし、家賃の安い物件に住み替えれば金銭的な負担が小さくなるから大丈夫。」と考えている賃貸派の方も多いのですが、

一つ気を付けておかないといけないことがあります。

 

それは、賃貸住宅を借りるためには「連帯保証人が必要」ということです。

若いうちは交友範囲も広く、「両親」や「親戚」「知人」などの「連帯保証人をお願いできる人」がたくさんいるかもしれません。

ですが、年齢を重ねて仕事を引退する頃になると、「連帯保証人をお願いできる人」が限られてしまうのが大半ですよね。

 

それに、現在の住居に住み続けるつもりでも、将来的には建物の建て替えなどにより、予期せぬ住み替えを迫られるかもしれません。

なので、生涯賃貸住宅で暮らすつもりなら、「連帯保証人をお願いできる人」を確保しておくことが非常に重要な項目となります。

連帯保証人は自分よりも若い人が理想なので、お子さんがいらっしゃらない方は、「甥」や「姪」といった親戚との人間関係を大切にするように心掛けておきましょう。

 

中には、「連帯保証人が見つからなくても、保証会社があるから大丈夫。」と思っている方がいるかもしれません。

しかし、保証会社を利用するには、家賃の「半月分」や「一ヶ月分」といった保証料が必要になりますし、

費用の問題がなくても、保証会社の審査をクリアできなければ、賃貸住宅を借りることができません。

 

保証会社の審査には、「収入に対する家賃の支払い比率」や「職種」「年齢」「転居の理由」といったものがあり、

審査基準に達していない場合は、連帯保証人が必要になることも少なくないんです。

と言うことは、「連帯保証人をお願いできる人」がいなければ、「生涯賃貸住宅で暮らすこと自体が困難になる可能性が高い」と、言わざるを得ません。

たった2つの準備で生涯賃貸でも問題ナシ!?ーまとめ

この2つさえ準備しておけば生涯賃貸住宅でも問題ない

「そんな先のことまで考えておかなくても、なんとかなるでしょう。」と、お考えの方もいらっしゃるとは思います。

もちろん、将来の社会制度がどうなるかは誰にも分かりませんし、もしかしたら、お金の心配のない時代が来るかもしれません。

 

ですが、誰も将来に対する心配をしていなかった高度経済成長期は44年前のことですし、バブルの崩壊からは26年しか経っていません。

それに、現在のように「少子化」や「超高齢化社会」に突き進んでいる日本では、楽観的過ぎる考えでいると、「豊かな老後」を過ごすことが難しくなりそうなのは容易に想像できますよね。

すでに、生涯賃貸住宅で暮らすには、マイホームを購入する以上に将来の「収入や貯蓄・連帯保証人の準備が必要な時代」に突入しているんです。

 

しかし、しっかりとした準備さえできていれば、「生涯賃貸」か「持ち家」かにこだわる必要はありません。

自分達家族のライフスタイルを見据えた上で、多くのメリットが得られる住居形態を選択してくださいね。

今回の問題解決と総まとめ
■ 生涯賃貸住宅に住み続けるには、家賃を払い続けられるように準備しておく必要がある
■ 予期できない住み替えに備えるためには、連帯保証人の確保が大切
■ 上記の2つの条件がクリアできるなら、生涯賃貸住宅でも心配ない
■ 賃貸住宅には、持ち家にないメリットがある

「家づくりに失敗しない秘訣」へは、下記のリンクから移動できます。

「家づくりマニュアル①」へは、下記のリンクから移動できます。

「家づくりの流れ」については、下記のリンクから移動できます。

他の「住まいの比較」関連の記事については、下記のリンクから移動できます。

お役立ち情報をお届けできるよう、アンケートを実施しています。
ご協力いただけると嬉しいです<(_ _)>
----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

家づくりのご質問やご相談を募集しています!

初めての家づくりでは「失敗」や「後悔」がつきものと言われています。

 

しかし、個人の専門的な知識の習得は非常に困難で、その道のプロに相談しようにも、利害関係のない専門家に意見を聞く機会なんて、実際ほとんどないのが現状です。

 

『一生に一度の家づくりで、絶対失敗したくない!』

 

そんな方の力になれればと、このブログを始めました。

 

長年、注文住宅の設計・監理に携わってきた建築士しみゆうが、これまでに得た知識や経験を総動員して、家づくりに関する疑問や相談に応え、秘訣や注意点をアドバイスいたします。

 

・これから家づくりを始めたい方
・すでに家づくりを始めている方
・現在の家づくりに不満や不安を感じている方

 

たとえ些細なことでも差し支えありません!
悩みの大小にかかわらず、お気軽にお問い合わせください。

※もちろん無料です

 

 

※日数を要することもありますが、必ず返答させていただいています。

コメントを残す

関連キーワード
おすすめ記事