【注文住宅での失敗例】配線計画で失敗!あぁコンセントがない・・
こんな人におススメの記事です!
■ 注文住宅での配線計画の失敗例を知りたい人
■ 将来的なライフスタイルの変化に対応できる家づくりがしたい人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人

注文住宅の配線計画でよくある失敗は?

注文住宅での電気配線の配線計画に失敗して後悔している女性

しみゆう

こんにちは!建築士のしみゆうです。

 

前回は、生活動線に関する失敗例について解説しました。

 

今回は、コンセントや照明スイッチなどの配線計画に関する失敗例やコツについてご紹介しますね。

 

  • 寝室の模様替えでベッドの位置を変えたらコンセントが近くにないので、延長コードが邪魔になる
  • 玄関の照明を点けるのに、靴を脱がないと照明スイッチに手が届かないのが不便
  • 廊下で掃除機を使う際にコードが届かないので、いちいちコンセントを差し替えるのが面倒
  • リビングの短辺方向にエアコンコンセントを設けたので、エアコンの効きが悪い
  • キッチンからリビングのテレビが見づらいので位置を変えたいが、テレビコンセントがない
  • トイレの扉を開けると、照明スイッチが隠れてしまうので使いづらい
  • 照明スイッチの高さが、前の住居と違うので使いづらい
  • キッチンカウンターにコンセントがないので、電化製品を使う時に不便
  • 洗面室のコンセント容量が足りないので、多人数でドライヤーなどの電化製品を使うとブレイカーが落ちてしまう
  • 洗面室の扉がブレイカーボックスに当たるので、扉を全開にできない
  • 廊下の照明を3路スイッチにしたが、一番奥の部屋から遠いので消すのが面倒
  • 窓際にエアコンコンセントを付けてしまったので、エアコンにカーテンが被ってしまう
  • 子ども部屋のコンセントの数が少なく、タンスを置くと隠れてしまうので、模様替えができない。
  • エアコンコンセントの近くに換気口を設けたので、冷暖房効率が悪い
  • そもそも、住宅会社の標準装備のコンセント数では数が足りない

しみゆう

コンセントや照明スイッチの位置といった配線計画は、家づくりの打合せでもかなり後半で行うので、打合せに疲れてしまっていたり、時間が足りないといった理由で、おざなりにしてしまう方もいるのですが、

 

失敗すると毎日の生活で不便さを感じてしまうので、実は力の入れどころなんです。

----- Sponsor Link -----
 

配線計画で失敗しないためのコツ

家づくりで配線計画に失敗しないためには、使い勝手を良く考えてじっくり打合せするのが大切

しみゆう

では、配線計画で失敗しないために、電気配線での考え方のコツをご紹介しましょう。

 

  • 配線計画は、ライフスタイルの変化による模様替えに対応できるように心掛け、余分に設置しておく
  • 電気配線図に家具や家電などを書き込んで、使い勝手を確認する
  • 掃除機のコードの長さを事前に測っておいて、出来るだけ差し替えをしないですむ配線計画を心掛ける
  • 照明スイッチやコンセントは使用するシチュエーションを意識して、手の届く範囲に配置する
  • 扉やカーテンなどの可動するものについては、可動範囲を考慮して配線計画を練る
  • 「必要かな?」「必要ないかな?」と迷った時は、取付けることを前提で配線計画を練る
  • 照明スイッチやコンセントの高さは使い勝手を優先して、住宅会社の標準施工にこだわらない
  • エアコンコンセントの位置は冷暖房の効きや効率を優先して配置する
  • 同時にたくさんの電力を使用するコンセントは、専用コンセント(大容量対応)に変更する

しみゆう

注文住宅では、コンセントなどを増やすことは追加オプションになるので、予算計画に余裕がないと諦めがちですが、

 

必要な場所にコンセントがない時の悔しさは、追加に必要な費用に比べて大きいことが多いので、「必要かな?」と思ったら追加しておくことをおススメします。

最新家電機器を調べて配線計画に取り入れるーまとめ

最新家電を使って、現在のライフスタイルに合った配線計画を実現した

配線計画では、現在の住居での不満を書き出したり、よく使う電化製品を見つめ直すことはもちろんですが、

「どのような生活動線で照明スイッチを使う」や「どんな場所でどんな家電を使う」といったことを、新しいマイホームでの暮しに照らし合わせて想像することが非常に大切です。

特に、「子どもの成長」や「親との同居」などといった、今までのライフスタイルが大きく変化する出来事にも対応できるようにしておけば、失敗を感じることもないでしょう。

 

以前は、テレビコンセントや照明スイッチの位置に失敗すると、増設には多額のリフォーム費用がかかることも少なくないので、我慢する人も多かったのですが、

現在では、「テレビコンセントのWi-Fi化」や「既存照明のリモコン化」といった便利家電も増えてきたので、後からでも比較的安価に対応できるようになりました。

 

なので、配線計画の打合せを行う前に、どのような便利家電が開発されているか調べておくと、後で失敗を感じる可能性がグッと低くなります。

もちろん、現在の住居での不満も解消できるかもしれないので、家電量販店で担当者に相談してみてはいかがですか。

しみゆう

具体的な家づくりに関するご質問やご相談があれば、「お問い合わせフォーム」や「コメント欄」から問い合わせていただければ、

 

建築士の目から見たご返答をさせていただきます。

今回の問題解決と総まとめ
■ 住宅会社との配線計画の打合せは、おざなりにしがちなので注意する
■ コンセントは「必要かな?」と思ったら、取付けておかないと後悔する可能性大
■ 将来的なライフスタイルの変化にも対応できる配線計画を心掛ける
■ 最新家電を使うことで、配線計画の失敗を取り返せるかもしれない

しみゆう

上の検索窓に調べたいキーワードを入力し、虫めがねボタンをクリックするとIEsaku内の関連記事を検索できます!

 

サイドバー最上部やフッターの検索窓も同じ機能です。

 

是非、あなたの家づくりにお役立てください^^

----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べる家づくり講座

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学ぶ家づくり講座登録フォーム

営利企業である、不動産会社や住宅会社の最優先事項は自社利益の確保。

 

残念ながら、「施主の希望を叶える」ことではありません・・

 

そのため、注文住宅では「予算オーバー」がつきもの。

 

待っているのは、グレードダウンや要望の取り止めによる「建築費用の削減」

 

もしくは、「予算の追加」です。

 

ですが、これが普通の家づくり・・

 

残念ながら、「不動産会社や住宅会社にとって都合の良い家づくり」をしている限り、避けられない現実なんです。

 

IEsaku注文住宅ラボー建築士と学ぶ失敗・後悔しない家づくりでは、「予算を最大限に活かした注文住宅の建て方」を無料で公開しています。

 

理想の暮らしを叶えるため、「施主にとって都合の良い家づくり」を学んでみませんか?

 

>【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べるメール講座に参加する

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで

おすすめ記事