こんな人におススメの記事です!
■ 入居者宅見学会での注意点を知りたい人
■ 住宅会社を選ぶ基準を知りたい人
■ 家づくりで失敗や後悔したくない人

しみゆう

前回は、完成現場見学会について解説しましたが、

 

今回は、その住宅会社で実際にマイホームを建てたお客さんの意見が聞ける、入居者宅見学会について解説しましょう。

初家さん

実際に人が住んでいる建物での見学会もあるんですか。

 

是非、参加してみたいです!

しみゆう

家づくりを終えた人のお話は、これから家づくりをする人にとっては宝の山です。

 

それも、その住宅会社でマイホームを建てたお客さんとなれば、なおさらですよ。

入居者宅見学会(引渡し済)とは

入居者宅見学会に参加して、家づくりの経験者の話を聞いている

こんにちは!建築士のしみゆうです。

住宅会社によっては、既に入居済みのお客さんのお家で見学会を行うことがあるのはご存知ですか?

 

残念ながら、全ての住宅会社で行っている訳ではありませんが、

以前紹介した、「構造現場見学会」「完成現場見学会」では手に入らない情報を知ることが出来るので、積極的に参加する事をおススメします。

今回は、実際の住み心地を聞く事もできる、入居者宅見学会の「秘訣」と「注意点」についてまとめてみました。

----- Sponsor Link -----
 

家づくりの先輩の声に積極的に耳を傾ける

入居者宅見学会では間取りよりも入居者の話に耳を傾けることが大切

何と言っても、入居者宅見学会の魅力は、既に家づくりを経験した先輩の「感想」や「意見」などが聴けることです。

既に家づくりを終えられた人の生の声を聞く機会はそう易々とはありません。

 

この機会に、お施主さんがマイホームを建てるにあたって、

  • どんなことに気を付けたのか
  • どんなことに苦労したのか
  • 楽しかったことは何か
  • 満足しているのはどんなことか
  • やり直せるとしたら、どんなことをしたいか
  • おススメは何か

などの、あなたが気になる事を質問させてもらいましょう。

「苦労したことや、失敗談なんか教えてくれるの?」と思うかもしれませんが、意外と答えてくれる方が多いんです。

 

何故かというと、入居者宅見学会に協力してくれるOBのお客さんは、その住宅会社で建てたマイホームに満足していることが多く、住宅会社のファンでもあることも多いんです。

家づくりで満足していると、自分の経験談を人に話したくなるんですね。

ひょっとしたら、その住宅会社の「スタッフの話」や「職人さんの話」「感じた不満」などの住宅会社が話したがらないことも教えてくれるかもしれませんよ。

初家さん

確かにそうですね。

 

マイホームに満足していなければ、自分の家での見学会なんて強力しませんよね。

しみゆう

それに、入居者宅見学会に協力してくれるOBのお客さんは、人見知りでないことが多いので、気さくに答えてくれることが多いんです。

 

しかし、住宅会社のファン度が高すぎると、マイナス面は話してくれない事もあるので、覚えておいてくださいね。

 

他にも、

夏や冬の住み心地や快適さを聞けば「断熱性能」や「気密性能」の目安にもなるので、どんな断熱材を取り入れるかの参考になりますし、

自然素材のお家なら、「無垢の床板」や「漆喰の塗壁」などの風合や感触を味わえうことで、自分達のマイホームに取り入れるかを検討することも出来ますよ。

----- Sponsor Link -----
 

建物の仕様や間取りばかりに気を取られないーまとめ

入居者宅見学会で注意する事は、建物の仕様や間取りばかりに気をとられない事です

ですが、入居者宅見学会では、建物の「仕様」や「間取り」ばかりに気を取られないことも重要なんです。

確かに、その住宅会社が建てた建物が見れる機会は少ないでしょうから、目に見える物が気になるのも分かるのですが、建物の仕様は「パンフレット」や「カタログ」でも見れますし、建物の間取りは「設計図面」などでも確認できるはずです。

 

何故かというと、入居済宅見学会を行っている建物には、建てたお施主さんの好みが強く出ているからなんです。

どういうことかと言うと、あなたとそのお家を建てた人の「好み」や「ライフスタイル」「家族構成」「予算」「建物の立地条件」などが同じでは無いはずなので、「間取り」や「デザイン」「仕様」などに対する印象を参考にしてしまうと、住宅会社の本来の特徴に気付けない可能性が高いからなんです。

 

なので、住宅会社がお施主さんの「要望」や「気持ち」を汲み取って、どのくらい実現できているかに注目して、住宅会社の実力を見極めることを大切にして下さい。

そうすれば、あなた達家族の要望を叶えてくれる住宅会社かどうかを見抜くことにも繋がります。

 

それを理解したうえで、家づくりで「重視したこと」や「良かったこと」「悪かったこと」を教えてもらえれば、

「書籍」や「インターネット」などの情報よりも遥かに、家づくりを経験して実際に暮らしている人の意見はためになるので、これからの家づくりに役立つでしょう。

 

しかし、入居者宅見学会を開催している住宅会社はかなり少ないので、もし候補の住宅会社が行っていない場合は、OBの客さんの話だけでも聞ける機会を作ってもらえる様に、担当者にお願いすることをおススメします。

(入居者宅見学会をしたくても、受け入れてくれるOBのお客さんが少ない住宅会社もあるのですが・・)

あなたから住宅会社の担当者に声をかけないと、実現する可能性はほとんどありませんので、積極的にお願いしてみましょう。

 

最後に、自分達の家づくりでの「疑問」や「知りたい事」があれば、見学会の当日では無く事前に考えておくと、聞きそびれることも少なくなるので準備しておくと良いですよ。

もちろん、入居者宅見学会はお施主さんの好意で開催していることを忘れないで、失礼のない様に敬意をはらった立ち振る舞いを心がけて下さいね。

今回の問題解決と総まとめ
■ 入居者宅見学会は家づくりのヒントの宝庫
■ 恥ずかしがらず、積極的に質問する事が大切
■ 事前に聞きたい事をまとめておくと、聞きそびれることを防げる
■ 住人の方の好意に甘えず、最低限の配慮を忘れない

しみゆう

上の検索窓に調べたいキーワードを入力し、虫めがねボタンをクリックするとIEsaku内の関連記事を検索できます!

 

サイドバー最上部やフッターの検索窓も同じ機能です。

 

是非、あなたの家づくりにお役立てください^^

----- Sponsor Link -----
----- Sponsor Link -----

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べる家づくり講座

【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学ぶ家づくり講座登録フォーム
 

営利企業である、不動産会社や住宅会社の最優先事項は自社利益の確保。

 

残念ながら、「施主の希望を叶える」ことではありません・・

 

そのため、注文住宅では「予算オーバー」がつきもの。

 
 
 

待っているのは、グレードダウンや要望の取り止めによる「建築費用の削減」

 

もしくは、「予算の追加」です。

 
 
 

ですが、これが普通の家づくり・・

 

残念ながら、「不動産会社や住宅会社にとって都合の良い家づくり」をしている限り、避けられない現実なんです。

 
 
 

IEsakuでは、「予算を最大限に活かした注文住宅の建て方」を無料で公開しています。

 

理想の暮らしを叶えるため、「施主にとって都合の良い家づくり」を学んでみませんか?

 
 
 

>【完全無料】予算を最大限に活かした注文住宅の建て方を学べるメール講座に参加する

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで

おすすめ記事